【農学部】坂巻 祥孝准教授らの研究チームが35年ぶりに日本からゴキブリを2種発見-森などに生息する美麗種-

0 mm、上翅に黄赤色の3つの紋を持つことが特徴です。

南西諸島で「新種のゴキブリ」が見つかる。国内35年ぶり。

鹿児島大学などの研究チームが日本で35年ぶりに新種のゴキブリが見つかったと発表しました。 これは南方より南西諸島に侵入した共通祖先が、それぞれの島で分化したことを示しています。 ただし、これらは家屋に出入りすることはなく、通常は森林内の朽ち木などで腐植質をエサとして生活しているので、なかなか見られないため、とてもゴキブリとはまったく思えない別の昆虫のようである。

1

35年ぶり新種ゴキブリ発見 鮮やか模様が特徴(2020年11月25日)

5 mm、腹部は紫色で、上翅に不明瞭な黄赤色の帯状紋を持つことが特徴です。 アカボシ-は鹿児島県の家島、悪石島、奄美大島、徳之島に分布していて、全長12ミリ~13ミリ。 原産のルリ属は、石垣島、西表島に生息する「ルリゴキブリ(学名:Eucorydia yasumatsui、ユーコリディア・ヤスマツイ)」のみが知られています。

3

ブルーメタリックの新種ゴキブリ、法政大などが35年ぶりに日本で発見(2020年11月25日)|BIGLOBEニュース

大学をはじめとする他機関の分子生物多様性の研究者にDNA分析試料の提供サービスを目指して保有試料のデータベース化を進めています。 雄の全長12・5~14・5ミリ。

法政大学などの研究チーム、南西諸島で新種のゴキブリ2種を発見

ウスオビルリゴキブリは、羽にある紋の境界が不明瞭で帯のように見えるのが特徴。 鹿児島大農学部の坂巻祥孝准教授が2005年、鹿児島県・宇治群島の家島で初めて採集。

35年ぶりに日本からのゴキブリ新種の発見 :: 法政大学

その結果、台湾産1種と日本産のルリゴキブリ3種に明瞭に分かれた。 その結果、台湾産1種と日本産のルリゴキブリ3種に明瞭に分かれ、国際共同研究チームの形態による分類の結果を支持したという。 坂巻准教授は「森林の分解者として有益なゴキブリの日本での多様性解明に一歩近付いた」としています。

20

ブルーメタリックに黄色い帯!35年ぶりの新種ゴキブリは「美麗種」|ニュースイッチ by 日刊工業新聞社

その結果、日本産のルリゴキブリ属3種が単系統となり、台湾産の種と姉妹群を形成することが明らかとなりました。

7