猿蓑集巻之一脚注

残念ながら終戦の年、1945年1月にしてしまったが、もしあと半年少々生き残る事ができたなら、雪風と並ぶ不沈艦伝説と化していただろう。 2016年秋に に実装された季節限定ボイスでは、食欲の秋でことを気にする乙女な一面も語られた。 雪にまぶれて鳴千鳥 <いつまでか ゆきにまぶれて なくちどり>。

3

季語/時雨(しぐれ)を使った俳句

きっと、余吾の湖の水鳥までが熟睡しているのであろう。 彼女の新たな力を得る事が出来た提督には、史実で彼女が経験した悲劇を二度と繰り返さぬよう、その力を存分に発揮させてあげるよう切に願う次第である。

時 雨 4

『 』の開催が決定。 霜月朔旦<しもつきさくたん>と読む。

26

時雨 1 : 575筆まか勢

むら衛は千鳥の群れている状態をいう。

8

時雨 (白露型駆逐艦)

火力は夕立改二に及ばなかった代わり、同型では初めて「」を搭載した。

25

時雨殿

しかし予報士は違う。 。

29