保護犬の預かりボランティアをスタート! 初めて来たのは大きな老犬の「タケ」だった

その旨をどうかご理解頂けますようお願い致します。

24

ドッグレスキュークラブ・東京

医療費や最低限の経費以外はすべて自己負担をしている現状をご理解いただき、ご協力いただけると大変ありがたいです。

ドッグレスキュークラブ・東京

福島から連れて来た犬たちは、ほとんどが外飼いの犬。 点眼薬 目やに・ドライアイ等• さらに、一度逃げたら帰って来られないので、リードを2本着けることが決まりになっていました。 ボランティア料金でない場合が多く、当団体での支払いが出来かねる可能性が大きいです。

20

保護犬の預かりボランティアをスタート! 初めて来たのは大きな老犬の「タケ」だった

もうひとつ懸念していたのが、預かった犬の留守番について。 薬用シャンプー 脱毛改善等• タオル類• フロントライン• 何でもいいのです。

27

アイドッグ・レスキュー隊

耳洗浄剤 大抵の子は耳の管理が悪い為• お住いのエリア(東京都杉並区程度)• それと、いつか飼い主さんの元へ帰る日が来ることを心に留めておかなければいけません。 保護犬は名前がわからないため「呼び戻し」ができないので、リードは命綱。

7

保護犬の預かりボランティアをスタート! 初めて来たのは大きな老犬の「タケ」だった

複雑な心境も相まって、楽しみなようなちょっと緊張感のある老犬タケとの生活が始まったのです。

11