平和構築と日本のPKO活動の課題

)及び「国際平和共同対処事態に際して我が国が実施する諸外国の軍隊等に対する協力支援活動等に関する法律案」(以下「国際平和支援法案」という。 山口新聞 2015年7月11日• 「テロ対策特別措置法」の国会審議では「艦船への補給」や「武器・弾薬の輸送」は違憲だといった主張もありました。

26

国際平和協力法に基づく日本の協力|外務省

その後、50年以上が経過しましたが、今では、改定された日米安保条約に反対する声はほとんど聞かれません。

13

山下塾第5弾 第二十話「平和安全法制の概要(3)国際平和協力法の改正」

冷戦が終結した1990年代初頭において、が勃発すると日本の国際貢献が問われる事態となった。 2015年9月4日産経新聞4面• 非強制的手段(憲章6章)と強制的手段(憲章7章)の中間的な存在がPKOだという理解から、そのように言われていたのである。

国際平和協力

しかし、平和安全法制では、これを全面的に認めるわけではなく、あくまでも、「日本を防衛するため」のやむを得ない自衛の措置として初めて許容されるという限定的なものです。

8

e

2015年9月22日• その中で、今回の平和安全法制の成立に対しても、米国を始め、英国、フランス、ドイツ、EUなどの欧州、カナダ、そしてオーストラリア、EU、フィリピン、インドネシア、シンガポール、バングラデシュ、スリランカ、さらにパプアニューギニアなどのアジア太平洋、そして中東、アフリカ、中南米の多くの国から、支持や歓迎が表明されています。 にもかかわらず、国連PKOに派遣される自衛隊の活動は、国際平和協力法と憲法の規定に縛られたままの状態が続いてきた。

14

憲法違反である「平和安全法制整備法案」及び「国際平和支援法案」 の国会提出に抗議し、その廃案を求める決議|決議・声明|東北弁護士会連合会

68MB) 7月10日 毎日新聞、読売新聞、日本経済新聞、産経新聞、北海道新聞、東京・中日新聞、西日本新聞、釧路新聞、十勝毎日新聞、苫小牧民報、室蘭民報、函館新聞、東奥日報、陸奥新報、デーリー東北、秋田魁新報、北羽新報、岩手日報、岩手日日、山形新聞、河北新報、福島民報、福島民友、上毛新聞、茨城新聞、下野新聞、千葉日報、神奈川新聞、埼玉新聞、新潟日報、北日本新聞、北國・富山新聞、福井新聞、日刊県民福井、信濃毎日新聞、長野日報、山梨日日新聞、静岡新聞、岐阜新聞、中部経済新聞、市民タイムス、奈良新聞、京都新聞、神戸新聞、伊勢新聞、紀伊民報、山陽新聞、中國新聞、日本海新聞、山陰中央新報、島根日日新聞、山口新聞、宇部日報、四國新聞、愛媛新聞、徳島新聞、高知新聞、佐賀新聞、長崎新聞、大分合同新聞、熊本日日新聞、宮崎日日新聞、夕刊デイリー、南日本新聞、琉球新報、沖縄タイムス、南海日日新聞、八重山毎日新聞 7月11日 宮古毎日新聞. 毎日新聞 2015年8月11日 東京朝刊• 日刊ゲンダイ2015年9月4日• これを受けて、平成4年、国際平和協力法(PKO法)が成立しました。

27

国連 PKO 部隊派遣“ゼロ”の時代をどう考えるか――『国際平和協力入門』刊行にあたって / 藤重博美 / 安全保障・平和構築研究

また「数」の派遣にこだわり続けた場合、8,000人超を派遣しているエチオピアを筆頭に数千人単位の超大規模派遣を行なっている途上国にかなうはずもない。 これを受け、翌平成3年1月、国連決議を得て、米国を始めとする多国籍軍がイラクに対する武力攻撃を開始、攻撃は同年2月末に事実上の停戦が成立するまで続きました。

23

国際平和協力法に基づく日本の協力|外務省

従来、いわゆる「イラク特措法」では自衛隊の後方支援活動地域は「非戦闘地域」でのみ行えるものとされていたが(同特措法第2条第3項)、本法案はこれをさらに拡大し、「現に戦闘行為が行われている現場」以外であれば戦闘地域内でも自衛隊が活動できるとする(重要影響事態法案第2条第3項、支援法案第2条第3項)。

28