意見具申書

昭和 40年の同和対策審議会答申(同対審答申)は、同和問題の解決は国の責務であると同時に国民的課題であると指摘している。 )の結果によれば、ア、同和関係者と一般住民との婚姻の増加がみられ、特に30歳未満の若年層では約6割が一般住民との婚姻であること、イ、高校等への進学率が同対審答申当時と比べ飛躍的に向上しており、若年層ほど高等教育修了者の割合が高いこと、ウ、一人当たりの居住室畳数、専用設備、接道等居住水準や居住環境は、面的事業の推進等により、現在では、全国的な水準とほぼ同様の水準にまで改善されていること、エ、その他、常用雇用者の増加等がみられること等が明らかになっている。 また、事業の進展に伴い、一部に周辺地域との均衡や一体性を欠いた事業の実施がみられたり、えせ同和行為などの新たな問題も発生してきた。

26

上司の評価を上げるには意見具申!好かれることより信頼されること!/上司との付き合い方講座⑤

2 特別の立法措置の必要性と基本的考え方 地域改善対策について、これまで、特別の立法措置が講じられてきたのは、昭和五十六年十二月の同和対策協議会 以下「同対協」という。 かれらは「総長に直接に意見具申したい」と短兵急に申し入れてきた。

29

意見具申について

召集解除は1946年6月19日であった。

今後における地域改善対策について(意見具申)

その内容は「新兵器をもってする肉弾攻撃」の必要を説いた人間魚雷構想であった。

福祉のまちづくり推進協議会からの意見具申|東京都

部下の被害を出した第二大隊長鷹松少佐と、同行した大曾根支隊参謀から遭難状況を聞いた川口少将は、いよいよ自説を固持した。

21

生活習慣に着目した疾病対策の基本的方向性について

そして、その成果に加うるに、この間の社会経済の発展もあり、同和地区の実態を始め、地域改善対策をめぐる現状は、同対審答申が当時前提としたものと比べ、大きく変わってきている。 民間運動団体の行き過ぎた言動が、同和問題に関する自由な意見交換を阻害している大きな要因となっていることは否定できない。 中島は師団司令部を出発する時、航空作戦に対する意見具申を行っていた。

12

福祉のまちづくり推進協議会からの意見具申|東京都

がんによる死亡を部位別にみると、胃及び子宮が減少傾向である一方、肺、大腸、乳房が年々増加している。 2. 成人病及び対策の現状 (1) 成人病の現状 ア. 主要疾患の死亡者数(平成7年厚生省「人口動態統計」から) 主要疾患別にみた死亡者数は、がんが第1位で26万3千人となっており、以下、脳卒中15万人(第2位)、心臓病14万人(第3位)、腎炎等1万6千人(第9位)、糖尿病1万4千人(第10位)となっており、これらの総死亡に占める割合は、約63%である。 急報を受けて、上杉景勝は自ら大軍をひきいて、春日山城を出動、魚津近くの天神山に陣取った。

4