落ちこぼれ国を出る〜実は世界で4人目の付与術師だった件について〜

なろう系テンプレ小説なので、合わない方はごめんなさい。 」 「ゴクリ」 「借りれましたっ!」 「「「は?」」」 「さ、向かいましょ!訳あり宿へ!」 「おい、今何つった」 こうして俺たちは、例の訳あり宿へ向かったのであった...... あまり細かい内容は気にせずに、なんとなく世界観や全体の雰囲気で楽しむ方であればいいかもしれない。 って感じの眼差しを、アリアが向けている。

3

落ちこぼれ国を出る〜実は世界で4人目の付与術師だった件について〜

*Kindle個人出版で書籍化しております。 さあ、答えろ。 「そして...... 「まあ、この後は察しがつくでしょう。

19

『回復師』なんて要らないってパーティを追放されました ~ちなみに【キャリアアップ】のギフトってなんですか?~

シグムントの急な異動、金庫番の早すぎる融資返済の対応。

26

素人一級魔術師の異世界物語

「和平に合意、となりましたら、皆様の前で、この聖剣を封印しようと思いましてな。

18

素人一級魔術師の異世界物語

それはどのくらいの期間だ?」 「三日です」 「ふ...... 今日の和平交渉のために伺った」 代表してバアルが門番に要件を告げる。 あれは、人間という種族がまだ幼く、魔族に抵抗する術を持たなかった太古の昔に生まれたのだ。 シグムントが去り、一週間ほど立って市場に変化が見え始めた。

『回復師』なんて要らないってパーティを追放されました ~ちなみに【キャリアアップ】のギフトってなんですか?~

本当に目を向けるべき相手はノートスにはいない。 長い間開けるって、ギルドに言わなかったのかよ」 これで言ってたのなら、ギルドに抗議するしかない。 そうだ、とミカエルが思い出したように話し出す。

17

落ちこぼれ国を出る〜実は世界で4人目の付与術師だった件について〜(1) (十束文庫)

「言うの、忘れちゃったんですよ」 「よし今すぐ謝罪しろ」 「す...... 「大悪魔ルシファーのことで、先に汝らに礼を言わねばならなかったな」 そう言って、バアルを筆頭とした私たちの方に目を向ける。 次はどちらへ?」 「上からの指示でな。 私たちは、一度立席して礼をし、双方揃って席に腰を下ろした。

13

落ちこぼれ国を出る〜実は世界で4人目の付与術師だった件について〜

これはおそらく、シーラ王国共通の決まりだと思うのですが、宿を長期期間借りる人は、定期的に更新をしなければならないんですよ」 「ふむふむ。 「あれ? なんで、ゲームのステータスみたいなものが見えるんだ?」と……。 「まぁいっか」 降りかかる火の粉は払うまで。

11