アンテロープ (あんてろーぷ)とは【ピクシブ百科事典】

毛色は濃赤褐色で無角が特徴である。 pink. ウシの体表模様、特に、ホルスタインの斑模様はユニークなのでアートに使用され、 PCの梱包用パッケージや、各種オブジェクトのデザインに用いられています。 1 ニュージランド、ワナカ付近 2001. 徳島県から香川県にかけてはウシの貸借関係を結ぶ「借小牛 かりこうし 」という慣習があった。

20

「来年モー烈に」モルモットからウシ科のヤギへ 干支の引き継ぎ完了|【西日本新聞ニュース】

2 Bos 偶蹄目ウシ科ウシ属の動物の総称。

29

ウシ目(偶蹄目)

古くはゼビューzebuとかコブウシ(瘤牛) Bos indicusとよばれてヨーロッパ系のウシとは別種として取り扱われたこともあったが、両者の間には雑種ができないという生殖的隔離機構はなく、また雑種の個体に繁殖力の低下も認められないので、現在は同一種とみなされている。 green--text. 遺伝子分析によれば、ヨーロッパの牛にはその地のオーロックスの遺伝子が入り込んでいる。 『山海経 せんがいきょう 』に出てくるきという怪物は、形はウシのようであるが、水に入ると風雨を伴い、声は雷のごとし、と伝わる。

22

「来年モー烈に」モルモットからウシ科のヤギへ 干支の引き継ぎ完了|【西日本新聞ニュース】

important;border-color: 7c4dff! 外国では、牧野への放牧を主体として体躯 たいく を充実させ、最後の仕上げ期間に穀物を与え脂肪をつけることが多いが、肥育期間はかなり長くなり、肉質は脂肪交雑の度合いが低い点で多少劣る。

28

NHK番組表・トップページ

important;border-color: b71c1c! 文化と宗教 [ ] 「」も参照 人間に身近で、印象的な角を持つ大型家畜である牛は、世界各地で信仰対象や動物に関連する様々な民俗・文化のテーマになってきた。 コトバンク. また、後述されるようにクジラ類をも内包することが明らかになりつつあり、非常に多様性に富んだ発展を遂げて、繁栄しているグループであることになる。 (イギリス原産、肉用)• 信仰 [ ] 農耕を助ける貴重な労働力である牛を殺してに供える獣とし、そこから転じて牛そのものを神聖な生き物として崇敬することは、古代より永くに亘って広範な地域で続けられてきたである。

9

NHK番組表・トップページ

そこで、 Ancodonta とクジラ類を1つの亜目として Ancodonta は下目にしたり、さらには反芻類も同じ亜目にして反芻類は下目、 Ancodonta は小目とすることも多い。 important;caret-color: b39ddb! 若い個体には柔軟な、白い絹状光沢のある毛があり、冬毛はモヘアmohairとよばれ、高級織物の原料として珍重される。

15

ウシ(牛)とは

発表のデータでも、第1位は約2億1000万頭のインド、第2位は約2億950万頭のブラジルで、両国の飼育頭数は拮抗している。