木村花さんを中傷した男性、侮辱容疑で書類送検 アカウントを消しても責任は免れない(2020年12月17日)|BIGLOBEニュース

木村花さんの最後のSNS投稿 この事件は、日常的に軽い気持ちで人に悪口を書き「死に追いやった」といってもおかしくはないです。 謂わば、事務所やテレビ局が受け止めるべきものを、個人で受け止めてしまった労災(労働災害)です。 フジテレビの人気番組「テラスハウス」に出演していたプロレスラーの木村花さん(当時22歳)がネット交流サービス(SNS)で誹謗(ひぼう)中傷された後に急死した問題で、警視庁捜査1課は17日、大阪府箕面市に住む職業不詳の20代男性を侮辱容疑で書類送検した。

7

木村花さんを中傷した男性、侮辱容疑で書類送検 アカウントを消しても責任は免れない(2020年12月17日)|BIGLOBEニュース

小川氏は「SNSは情報を共有することができ、良い面もあるが、その半面、直接、誹謗中傷されるなどのリスクがあります。 個人の人格を否定し、誹謗中傷する行為は刑法上、名誉棄損罪に当たり、言動によっては脅迫罪になることもあります」と指摘。

12

木村花さんを中傷した男性、侮辱容疑で書類送検 アカウントを消しても責任は免れない(弁護士ドットコム)

悔やんでも悔やんでも悔やみきれません。

11

木村花を誹謗中傷したアカウントが削除!特定する方法はある?

最後までお読みいただきありがとうございました。 同課は男性以外の書き込みも含めて約200アカウントの約300件の投稿を中傷と判断し、このうち男性が悪質な投稿を繰り返していたとして立件に踏み切った。

13

鳩山元首相、木村花さんへの中傷アカウント削除に「実に卑怯ではないか」と怒り/芸能/デイリースポーツ online

とあります。

24

木村花さんへの誹謗中傷で男を書類送検、「投稿は消した」で済まされないワケ (2020年12月23日)

・木村花さんに対して悪意や敵意があったと思われてしまう 放送作家という言葉を扱う仕事に携わる人物であれば、ここはアカウントを削除するのではなく、どうして木村花さんに対して痛烈な批判コメントを投稿していたのか説明するべきだったかもしれない。

10

鳩山元首相、木村花さんへの中傷アカウント削除に「実に卑怯ではないか」と怒り/芸能/デイリースポーツ online

HPでは「今後につきましてはご親族と相談の上、お知らせいたします」としている。 モデルプレス 2020-12-24 21:01• ・バッシングしている業界人もいた そんな書き込みを継続して投稿していた山本太蔵さんだが、木村花さんが亡くなったと報じられたあと、書き込みを削除し、そしてアカウントも削除した。 それと同時に、なるべく早めにアカウントの特定に動くというのも重要になってきます。

4