曲目解説(は行)

死ぬべし。 君が往きけ長くなりぬ山たづの迎へを行かむ待つには待たじ(『古事記』軽大郎女) 形容詞 被枕 枕詞 (括弧内は慣用的な漢字表記) 掛かり方 (算用数字は上記の類型を表す) 用例 あやし くれはどり (呉織) 2-1 呉織は渡来系技術者の伝えた織物。

30

不羈、道歌Still

近衛 このえ• 同じ人ながらも、心ざしあるをりと変はりたるをりは、まことにこと人とぞおぼゆる。

2

太宰治 新釈諸国噺

村肝の心くだけてかくばかり我が恋ふらくを知らずかあるらむ(『万葉集』大伴家持) 〃 きもむかふ (肝向かふ) 1-1 肝は心臓に向かい合っているとされていたので。 【晁冲之・宋】 五文字(7) 終了 次の文字種をクリックして、お好みの場所へお入り下さい。

京都のお祭り・伝統行事・下半期(9月~12月)

雅楽(うた)• 船と楫があれば良いが。 伊勢のみてぐら使ひなど立てらる。 」 「いや! 姉さん、しつっこいわよ。

8

平成17年お気に入り作品

枕草子 清少納言 枕草子 清少納言 四八 馬は、 馬は、いと黒きが、ただいささか白き所などある。 験者(げんざ)の物の怪調ずとて、いみじうしたり顔に、独鈷(とこ)や数珠など持たせ、蝉の声しぼり出だして読みゐたれど、いささか去りげもなく、護法もつかねば、集まりゐ念じたるに、男も女もあやしと思ふに、時のかはるまで読み困じて、「さらにつかず。 35 36. ) 木枯らしやどちへ吹かうと御意次第 (三六〇 十二月十日 久米正雄宛。

15

万葉集縦書原文と訓読万葉集。巻第一〜第五 雑歌。

さらにかやうのすきずきしきわざ、ゆめにせぬものを、わが家におはしましたりとて、むげに心にまかするなめり、と思ふも、いとをかし。 またいみじう照るべき年は、春の初めに水なむおほく出づる」といひしを、「むげになく乾きてあらばこそさも言はめ、出づるをりもあるを、一筋にもつけけるかな」と言はまほしかりしか。

京都ゑびす神社【年間行事】

松明の光に映えて秋の流れは夜の 錦 ( にしき )と見え、人の足手は、しがらみとなって瀬々を立ち切るという壮観であった。 85 地 女帝の花輪 41. いよいよことしも大みそかが近づくにつれて原田内助、眼つきをかえて、気違いの真似などして、用も無い長刀をいじくり、えへへ、と怪しく笑って掛取りを気味悪がせ、あさっては正月というに天井の 煤 ( すす )も払わず、鬚もそらず、 煎餠蒲団 ( せんべいぶとん )は敷きっ放し、来るなら来い、などあわれな言葉を 譫語 ( うわごと )の 如 ( ごと )く力無く 呟 ( つぶや )き、またしても、えへへ、と笑うのである。

17