統計局ホームページ/人口推計/人口推計(2018年(平成30年)10月1日現在)‐全国:年齢(各歳),男女別人口 ・ 都道府県:年齢(5歳階級),男女別人口‐

5 D 30 81. (2)生産年齢(15〜64歳)人口割合の推移. 3人で高齢者1人を扶養)から2020年代には50%(2人で1人を扶養)を超えて上昇し、平成67 2055 年には79%(1. 1 119. 7 C 54 16. 支える側の人数が増えるので、一人あたりの負担が減る次第である。

29

世界・従属人口指数ランキング

8 10. 5 B 114 50. 5 73. 中位推計の結果に基づけば、この総人口は今後も緩やかに増加し、平成18(2006)年に1億2,774万人でピークに達した後、以後長期の人口減少過程に入る。 9 C 62 64. 4 B 84 55. 9 B 130 6. 9 248. 6 49. 2 25. 9 B 136 47. まずは「老年人口指数」について。 2 72. 3 E 7 96. 9 B 147 46. 5 10年 65. 3 C 57 15. 0 47. 1 C 69 12. 4 B 78 10. 単純な高齢化の進行を推し量るのに適している。

13

最新統計データ2020 人口統計・保健統計1

この従属人口指数は、昭和50年までは国、県、市の順でしたが、昭和55年以降は国、市、県の順になっています。 6 A 190 30. 8%になるものと見込まれる。

11

人口構造・定義・統計調査の基礎概念及び分析方法について

3%から平成42(2030)年に70. 4 14. そもそも人口減少が止まる水準にまで子供の数を増やすのは非常にハードルが高いうえに、効果が出るまでには長い年月を要する。

超高齢・人口減少社会の現実と対応

0 B 118 7. 3 29. 6 5. 世界193の国と地域を対象とした従属人口指数についてのランキングです。

25

超高齢・人口減少社会の現実と対応

8 B 99 8. 人口が減少した40道府県は全て自然減少となっており,うち大阪府,滋賀県など8府県が社会増加,他の32道県で社会減少となっています。 その後、昭和50年はわずかに上昇したが、昭和55年から再び低下に転じ、平成15年は、大正9年以来最低の22. 支える側の人数が増えるので、一人あたりの負担が減る次第である。 8 B 98 52. 8 B 181 4. 6 B 93 9. 当サイトは投資に関する知識、技術情報の提供を目的としており、特定の銘柄、投資対象、投資行動、運用手法を奨励するものではありません。

17

最新統計データ2018/2019 人口統計・保健統計1

さらに老年人口をみますと、本市の老年人口割合は、各年いずれも県よりは高く国よりは低くなっていました。

15

従属人口指数

9 E 2 103. 5 60. 6 D 21 84. 4 C 45 18. 4 B 90 54. 1 50. さらに平成61(2049)年に5,000万人を割り込み、平成62(2050)年には4,868万人へと縮小するものとみられる()。

12