代用監獄・拘置所改革のゆくえ / 刑事立法研究会

その後、証拠隠滅や逃亡をすると疑うに足りる相当な理由があるときに逮捕に引き続いてされる身体拘束を勾留といい、多くの事件で最大20日間まで行うことができます。 。 警察がこのような取り調べをするときというのは、世間的に騒がれた事件や、犯人を長期間逮捕できずに、警察が世間の非難にさらされたときが多いようである。

19

代用監獄問題とは何か(上)

刑事訴訟法-203條第一項• しかし、すべての刑事事件でこのような取り調べが行われているわけではありません。 同法案は,2005年5月18日,第162回国会において成立し,2006年5月24日に施行されました。

23

代用監獄・拘置所改革のゆくえ / 刑事立法研究会

これによって、検察の主張とマイナリさんの有罪判決に重大な疑念が生じた。 監獄法からの変更点については,「」に掲載されています。

13

日本弁護士連合会:「『代用監獄』の廃止に向けて ─代用監獄問題の新段階─」(改訂第2版)

その結果、弁護士を解任した例(71年)もある。

24

羈押

しかし、政府はその勧告をいまだ実行に移していない。

30

代用監獄・拘置所改革のゆくえ / 刑事立法研究会

2013年6月4日、国連拷問禁止委員会の総括所見に関する会長声明の中で、重視すべき内容とする7点のうち1点目で触れ、代用監獄制度廃止の検討を求めている。 預防再犯 被告經法官訊問後,認為犯下列各款之罪,其嫌疑重大,有事實足認為有反覆實施同一犯罪之虞,而有羈押之必要者,得羈押之。

代用監獄とは

(1996年12月1日 日本弁護士連合会発行 「代用監獄の廃止を求めて」より) (1)遅すぎる援助 まず第一に指摘しなければならないのは、日本においては、刑事訴訟法272条の定める国選弁護制度は、犯罪の嫌疑によって起訴された被告人に対してのみ存在し、捜査機関の苛酷な取調べを受けている期間の被疑者には国選弁護人選任の権利はありません。

11

代用監獄はまだまだ廃止されない

ここでは,未決的性格と既決的性格を兼ね備えた被拘禁者と純粋の未決被拘禁者との間の処遇上の食い違いが出てくる。 暫定的に,未決拘禁については旧来の監獄法の規定が用いられているため,未決被拘禁者の処遇のほうが既決被拘禁者の処遇よりも劣悪な状態でもよいという形になっている。 代用監獄が問題だからできた有識者会議だろうに、結局話は進まなかったんですね。

21