【Word】行間を変更する(詰める・広げる)方法

文章の縦の空間を狭くするには、 行の高さを減らすか、 行間を狭くするしかありません。

26

Word 行間設定方法は?狭くしたり広くしたりする手順を紹介

(「Wordで行間を詰める」参照) リボンから設定できる行間値 リボンの「行と段落の間隔」では次の行間を設定できます。

19

ワード 行間や段落の間隔を変更する

[最小値]を設定すれば、そこにある文字が表示される最小間隔になると考えがちです。 「段落」ダイアログボックスが表示される。 グリッド線は必要に応じて表示、非表示の切り替えができます。

5

Wordで行間を変更する設定

ワードの行間を詰める方法 では、早速、ワードで作成された文章の行間の設定を行ないましょう。 「インデントと行間隔」タブの「1ページの行数を指定時に文字を行グリッド線に合わせる。 (「Wordで行間をもっと詰める」参照) 「段落」ダイアログから設定できる行間値 「段落」ダイアログでは次の行間を設定できます。

1

Wordで行間を変更する設定

見出しを選択します。 これも行グリッドが原因です。 しかし、文字が隠れる(欠けてしまう)ほど小さい間隔を指定した場合は、隠れない範囲の最小値で保たれます。

ワードの行間をウマく詰めるテクニック!縦書き文書に適用!

オプションにカーソルをあてて文書の行間の変化を確認してからクリックで適用してください。 また、行間に余裕があると、その隙間に線を引いたり言葉を丸で囲ったりなど、メモもしやすくなりますね。 ふりがなをつけたいときには「最小値」で設定 ふりがな(ルビ)をつけると、ふりがな(ルビ)のスペース分だけ行間が広がってしまいます。

9