子どもの貧困対策の推進に関する法律

すべての子どもが必ず通過する義務教育期間の時期です。 独自に具体的な計画を策定している自治体がある一方で、大綱(2014年に閣議決定された「子どもの貧困対策に関する大綱」)を「コピペ」しただけのような計画も見られました。

子どもの貧困対策大綱を閣議決定、生活困窮経験など39指標

もお読みください。

29

子どもの貧困対策法とは?

(3)関係機関が連携した包括的な支援体制の整備• それならば、都道府県の取り組みを「見える化」して、他の自治体が参考にできるような良い取り組み(グッド・プラクティス)を情報として提供できたらいいのではないかと考えました。 新大綱では、(1)親の妊娠・出産期から子供の社会的自立までの切れ目のない支援(2)支援が届かない、または届きにくい子供・家庭への配慮(3)自治体による取り組みの充実-などが柱として盛り込まれた。 「将来だけでなく現在にも焦点を当てる」、「子育てや貧困を家族のみの責任にしない」といった視点が新たに追加されています。

20

柏市子どもの貧困対策推進計画|こどもをはぐくむ子育てサイト はぐはぐ柏

大綱の理念をカタチにしていく地域や社会のアクション そのような状況において、大綱成立後に関西や北海道での緊急のアクション、あしなが育英会奨学生を中心とした愛知や、京都でのユースミーティングなど具体的に実効性のある法律、大綱、そして計画、支援事業、制度となるためのアクションが起こっています。 「日本の将来を担う子供たちは国の一番の宝である。 バウチャー型の仕組みが定着すれば、より多くの民間団体の支援を活用できることもあると思います。

8

山梨県/子どもの貧困対策の推進

新たな大綱では、基本的方針として「 親の妊娠・出産期から子どもの社会的自立までの切れ目のない支援」「 支援が届かないまたは届きにくい子ども・家庭への配慮」などを掲げた。 そして、その基本的方針に基づき、子どもの貧困に関する(3)指標が設定され、その指標を改善するための(4)当面の重点施策が示されており、それぞれがつながるような構成になっています。

23

「子供の貧困対策に関する大綱」の体系を公開しています

基金に対して以下の企業等にご協力いただきました• (「高校生等奨学給付金(奨学のための給付金)制度」などによる経済的負担の軽減)• (総務省「就業構造基本調査」2017より) ある意味納得の結果が上記の引用記事内で言及されていました。

17