米国で「アビガン」治験に着手 新型コロナウイルス感染症治療薬として

「イベルメクチン」は、北里大学の大村智特別栄誉教授が発見した物質をもとに開発された、寄生虫が引き起こす感染症の特効薬で、北里大学病院は9月17日、患者に投与して新型コロナウイルスの新たな治療薬としての承認を目指す治験を近く始めると発表しました。

29

saudereprodutiva.dgs.pt : 新型コロナ患者、治験薬レムデシビル投与で「急回復」 米報道

レムデシビルは臨床試験においてその効果が確認されてり、重症患者への緊急使用が可能となった。

新型コロナの有望薬「アビガン」「レムデシビル」ってどんな薬?:日経ビジネス電子版

国は現時点で200万人分の備蓄を持ち、「タミフル」など既存のインフルエンザ治療薬が効かないような新型インフルエンザウイルスが流行した時に、初めて国がアビガンの投与開始を検討する。 つまりカレトラを飲むことによっても新型コロナ感染症の経過に差はなかったという結果です。

9

コロナに効く薬はある?日本で使える治療薬とワクチンの開発状況

レムデシビルはエボラ出血熱の治療薬として開発されていた。

【新型コロナウイルス】抗マラリア薬「クロロキン」服用のアメリカの男性、体調急変して死亡

菅官房長官「有効性確認なら5月中の承認目指す」 菅官房長官は、午前の記者会見で「現在、観察研究、臨床研究、企業による治験が進められていると承知している。

26

【新型コロナウイルス】抗マラリア薬「クロロキン」服用のアメリカの男性、体調急変して死亡

こうしたことからFDAは「バムラニビマブ」には軽症から中程度の症状の患者に対してリスクを上回る効果があるとしています。 申請された場合は厚生労働省として改めて審議する必要がある」とコメントしています。 専門家「安全性検証 時間かけて入念に」 新型コロナウイルスの抗体医薬について、感染症の治療に詳しい愛知医科大学の森島恒雄客員教授は、「新型コロナウイルスの治療薬開発の中で、抗体医薬は、従来の薬よりも開発に時間がかからず、すでに別の感染症にも抗体医薬が開発されて使われていることもあり、アメリカや中国など各国で主流になってきている。

5

【朗報】新型コロナ、偶然にもアメリカが有効な薬を見つける・・・・逆神なんJ民さん、フラグを建設してしまう

対象患者は入院していないものの重症化リスクが高く、陽性判明後3日以内にバムラニビマブまたはプラセボ(偽薬)のいずれかを投与された。 どちらも「特化薬」と呼ばれるだけあって、ウイルスをピンポイントで撃退するから治療効果が高い。 このため厚生労働省は医療機関に向けた注意事項をまとめました。