エドヴァルド・ムンクの生涯と代表作・作品解説

〔……〕私は、そのような作品をこれから数多く制作しなければならぬ。 『朝』1884年。 ムンクは1909年に退院すると、コペンハーゲンからノルウェーに戻りの小さな町に住み始めた。

7

有名なムンクの『叫び』、実は叫んでいなかった

ムンクは、1905年を最後にオースゴールストランのサマー・ハウスをほとんど訪れなくなったが、これを「幸福の家」と呼び、終生手放さなかった。 ただし、この劇場は実際にはほとんど使われず、ムンクの作品は散逸してしまった。

26

ムンクの叫びは4枚以上ある?何についての絵?

表現は強烈ですが、時代を超えて共感できる。 ポーラ美術館. I keep asking light through art, and I have come. 郷土のノルウェーに落ち着いたのは40代半ば頃からでしたが、現在でもムンクはノルウェーの国民的画家として親しまれています。 私が気に入ったのは、ムンクの姉がかわいがっていた小鳥のポリーをモデルにした縫いぐるみ。

3

【作品解説】エドヴァルド・ムンク「叫び(ムンクの叫び)」

新市庁舎の大広間にムンクの絵が発注されることとなり、「これからは労働者の時代だ」と考えていたムンクは『雪の中の労働者たち』を主題に選び作品を制作した。 雲を本当の地の色で描いた。 こうしてムンクや他の世紀末芸術の芸術家たちが追求した「内部の世界」は、印象派の明るい世界ではなく、不安に満ちた夜の闇の世界であった。

12

『大塚国際美術館15 『叫び』『星月夜』

ムンクはその光景をすぐにスケッチに描くことによって、ようやく落ち着いて寝入ることができたという。

叫んでいるのは誰なの? ムンクの謎、子供に聞かれたら:朝日新聞デジタル

1924年3月には、でラスムス・メイエル・コレクションが一般公開された。