誤嚥したときはどうする?食事介助中に誤嚥したときの対処法

そのため、楽しく食事をしないと疲れてしまうこともあります。

12

摂食・嚥下障害の方の食事介助の注意点|介護のチカラ

記録することが多すぎて実際の介護が雑になってしまうという意見もありますが。 」 という感じに、声をかけて被介護者が驚かないようにします。

2

看護の現場における食事介助のマニュアル・事例

また、食事前に口の中をきれいにし、舌苔なども取り除いておくことで、味を感じやすくなるだけでなく、唾液の分泌が活性化し、食べ物を飲み込みやすくなります。 そうならないように、内服開始後は看護師が管理しながら薬剤師と連携し、患者に服薬指導を実施してもらい患者さんの理解を得ながら内服薬をコントロールしましょう。 間違えないためにも介助が大切です。

5

食事介助時のポイント

メニューの内容• 参考文献・サイト• 制限食の場合 食札、食事内容、患者名を確認する。

13

食事援助

もしも喉に詰まらせるようなことになってしまったら、前屈みにさせて背中を叩くようにして吐き出させて下さい。

29

摂食・嚥下障害の方の食事介助の注意点|介護のチカラ

食事姿勢の変化• 日中の活動時だけでなく、 食事前後や食事中もこまめに水分補給を促しましょう。 しかし、忙しい介護の現場において、正しい方法を教えてもらうことは、難しいかもしれません。 下記では、 食事介助の前におさえるべき「高齢者の食事の特徴」を紹介します。

9