「つくね」と「つみれ」の違い・意味と使い方・使い分け

【『大辞林 第三版』(三省堂)より引用】 つみれとは… 練り製品の一種。 つくねの語源は「つくねる」 ひき肉や魚のすり身、ネギ等で作った種を 手でこねて丸めて作るとつくね。 …というふうに(無意識に)使い分けている気がします。

22

つくね・つみれ・肉団子の違いって何?比較してみた!

その具のひとつで作ったのが豚ひき肉に生姜、刻んだネギ、卵とコーンスターチを混ぜた肉団子のようなものでした。 ひき肉やすり身を手でこねてよく混ぜるのはつくねと同じですが、その生地を適当な大きさにして丸めるのではなく、生地のかたまりから手やスプーンなどで一口大の大きさにつみ取って、そのまま煮汁や鍋に入れて調理します。 「つくね」は焼き鳥屋のイメージ、「つみれ」は汁物に合う魚肉を多く使うことなどから「つくね」が鶏肉が材料で「つみれ」は魚肉が材料という認識をしている人もいますが、それは誤り。

8

つくね と つみれ の違い(駄)

焼き鳥屋さんで必ず注文したい一品につくねがあります。

21

【違い】「つくね」と「つみれ」

匙で『摘む』という表現が粋ですね。 「つくねる」というのは、こねて手で丸めると言う意味があります。 間違った認識をしている人も少なくない言葉なので、覚えておきましょう。

27

「つくね」と「つみれ」の違いは何?つくねが肉で、つみれが魚からではなかった! | ガジェット通信 GetNews

アジやイワシを使うことが多いので、つみれは魚肉を使った肉団子というイメージを持っている方が多いのではないでしょうか。 Panasonic「フードプロセッサー」MK-K48P つくねのタレについて つくねは、タレも好みでいろいろ楽しめるのがいいですね。

つくねとつみれの違いは魚肉か鶏肉じゃない!作り方の違いに秘密があった!

摘みいれという言葉が縮まって、「つみれ」になったと言われています。 「つくね」と「つみれ」、「肉団子」の違いとは? 「つくね」は 捏ねて丸めたもの(棒状の場合もあり)で「つみれ」は 摘み入れるものという違いがあります。