就職氷河期の今、“不況に強い”といわれる「占い師」は職業としてアリ?

先ほどの構図で説明しますとこうした形となるわけです。

15

不況に弱い業界まとめ|景気の悪い業界で働くリスク&賢い転職のススメ

リ ーマンショック時の失業者数を超えることはまず間違いないと考えてよいと思います。 コロナショックみたいな、縁起の悪い単語が半年後には一切目に入らない未来を期待している。 また、個人向けの保険だけでなく、法人向けの保険を見直す人も多いです。

30

不況に強い!建設業界の秘密

転職を検討している人の中には、こうした状況下で転職をすべきか否か、悩んでいる人も多いでしょう。

不況・不景気に強い業界6選

間違っても日産は買っちゃダメ。 「女性の社会進出を・・」といっても、そういったインフラがなければ難しいでしょう。

【コロナ不況】リストラ担当者から見た「不況に強い現実的な資格」厳選5選

営業活動を軽視してきた 100台弱のトラックを抱える、ある運送会社では、新型コロナウイルスの影響で仕事が激減し、トラックが数台しか稼働しない日も出てきた。 証券会社の損益がどうなっているのか、などの情報も、いちいちパソコンからログインしなくても確認できる。 また、現在葬儀社が増加傾向にあるため、利用者を葬儀社同士で奪い合っているという状態が起こっており、 経営が厳しい会社もあるようですので、注意が必要です。

19

コロナ不況も大丈夫!不況に強い業界

彼らをも含めた公務員のニーズは永続的。 不況に強い業種とは? その分、時給単価も上昇傾向にあり、パート勤務でも時給1,800円くらいからが相場です。 公務員 第一に挙げられるのはやはり公務員です。

17